日本人よ、これがフィリピンだ。<ブログ版>

フィリピンでの仕事とか生活とか、フィリピン人スタッフとの戦いとか。

フィリピンに年間300日以上居る人間が、日本に一時帰国するとどうなるか

僕は1年のうち300日以上をフィリピンで過ごす生活をしている訳ですが、1年に3回ほど10日から2週間ほど帰国します。

こういう人がたまの日本で何をするのか?をご紹介したいと思います。

ただ、僕はかなり偏っているので大半を日本国外で過ごす人の日本での生活とはかけ離れているかもしれませんが・・・

 

以前には下記のような記事も書きました。

a-ichikawa.hatenablog.com  

a-ichikawa.hatenablog.com

 

 

今回は5月末から約2週間、日本に滞在するスケジュールを組みました。

実際に、僕がどんな感じで日本を満喫したかをご紹介したいと思います。

 

 

 

航空チケット

僕は名古屋に日本法人の本社があるので、セントレア空港を利用します。

飛行機は基本的には安いのでLCCを使います。

セントレア・マニラのLCCは下記の2つ。

セール時期に購入すると片道1万円/人を切る価格のときもあるけども、大体1.5万円/人前後を目安にしています。

僕の場合、帰国の大まかな時期が最優先で、その期間内で安めのチケットを探すという感じです。

LCCは一般的に直前になるほどチケットは高くなり、3万円/人を越えることもあるので要注意です。

 

ジェットスター

深夜1時とかに飛び立ち、セントレアに5時頃着。

セントレアは24時間空港ではないので、早朝深夜にめちゃくちゃ弱いです・・・陸の孤島になります。

福岡空港のように都心部に近い訳でもないのでかなり不便です。

早朝に到着して、始発で(僕の場合は)名古屋へ向かうのですが、当たり前ですが、多くのお店が閉まっていて、駅の売店も空いていませんから、お腹が減ってるときは辛い・・・

ジェットスターは、あとで紹介するセブパシフィックよりも標準価格がちょっと安いのですが(荷物とかひっくるめるとどうかわからないけど)、マニラ着が最悪なんです。

ターミナル1というかつて世界最悪の評価をもらった国際空港に着なんですが、空港自体はリニューアルされて割ときれいでいいんだけど・・・

イミグレが激混み!

深夜マニラ着で1時間以上イミグレで待つという苦行を強いられます。

 

セブパシフィック

マニラ発の便がちょくちょく遅れたり、搭乗口が変わるので要注意。

大体マニラ時間で16時頃に飛び立ち、セントレアには21時前に着。

ちょっとの遅れはフライトで取り戻すので、割と時間どおりに到着する。

 

最高で3時間ほど遅れたことがあって、

 

そのときは弁当のようなものが配られて、

ずっしり重かったので期待したら・・・

 

売店で売ってる

スナック菓子と水だった・・・

 

マニラ着の便はターミナル3着で、イミグレもめちゃくちゃスムーズ。

ジェットスターより若干高いけど、個人的にはマニラ着便はセブパシフィックをおすすめ。

年に何回か壮絶に安いセール(数百円レベル)をやる。

でも・・・

同時接続のユーザー数に耐えきれなくなり、

結局接続できず、

違う意味で購入するのが困難な状態になる…

 

ホテル

僕の場合、数ヶ月前にチケットは購入してあるので、渡航の1ヶ月程前になると、滞在中の予定を組み始めます。

ちなみに、僕は日本に家が無いので(実家はあるけど)ホテル暮らしが基本です。

主に名古屋に滞在し、2から4日間を東京や大阪で過ごします。

ホテルの予約は楽天トラベルやなんかで、適当に探します。

このホテル選びの際、恐らく海外生活が長い人にとって加点になるのが・・・

大浴場の有無です。

脚を伸ばしてゆっくりとつかれるお風呂は最高なのです!

あと、僕の場合は・・・

コインランドリーの有無も重要です。

そんな感じで選ぶので、日本での定宿みたいなのが決まってきます。

定宿とかっこ良く言いましたが、いわゆるビジネスホテルです・・・

 

食事

恐らく海外生活の長い日本人にとって最大の楽しみの一つなんじゃないでしょうか。

海外でも美味しい日本食は食べることができますが、日本は日本食に限らずあらゆる食のクオリティが高いのです。

久々に帰って、食べるコンビニのおにぎりの美味しさに発狂しそうでした。

ちなみに、下記が僕が日本に戻ると必ず食べてしまうものです。

コンビニで売ってる和菓子やスイーツ

日本のコンビニスイーツのクオリティは凄まじく高い。酔っ払って大量購入して食べまくり、翌日目が覚めてその残骸を見るのも日本ならでは。

びっくりドンキーのチーズバーグディッシュ

なぜか無性に食べたくなる。チーズバーグディッシュ300gのライス大盛りで注文。学生の頃は更に普通盛りのおろしそバーグディッシュも食べたことがあるけど、きっと今でもいけてしまう・・・

ペッパーランチのワイルドステーキ

フィリピンにもペッパーランチはあるし、ステーキメニューもあるけど、日本のペッパーランチのそれとは別物。肉々しさが最高で、ついつい寝る前に食べてしまう

麺やのカレーラーメン

f:id:a-ichikawa:20180613101043j:plain

らー麺や (麺や) - 栄/ラーメン [食べログ]

カレーラーメンは癖になる美味さ。すぐ近くのAPAホテル(屋上に露店風呂があるの♪)に宿泊することも多いので、滞在中に何度も行っちゃう。

 

上記以外には、友人や同僚と食事に行くこともあります。

が・・・

調子に乗って飲むと、

貴重な日本滞在の半日位を

二日酔いで潰してしまう・・・

 

体験

日本でしかできないこととして、例えばショッピングをあげる人もいるでしょうが、僕の場合は・・・

 

大道塾(空道)です。

いわゆる総合格闘技で、パッと見は空手です。

Daidojuku – 打撃系総合武道 大道塾総本部

フィリピン支部が無いので、日本に帰国したときにしかできないのです・・・

実家に置いてある道着などの装備品を運び、日本滞在中に道場へ通うのです。

 

今回は、東京出張に合わせて総本部出稽古にも行ってきました。(今回で3度目)

f:id:a-ichikawa:20180613103147j:plain

昭和から時が止まったようなこの外観。

来るものを拒絶する何かがありますよね・・・

 

いやぁ・・・

 

素敵です。

 

ちなみに・・・

 

この正面玄関が入口かと思いきや・・・

入口は裏手にある勝手口みたいなところだという罠があり、

いわゆる初見殺しとなっています。

 

稽古中は岩崎選手をお見かけし、1Fのウェイトトレーニングルームでは、山崎選手清水選手が!

 

常識ですよね、北斗旗王者の皆さんです。

 

僕が桃太郎だったらこの3人をお供につけるよ、

って位に最強の布陣ですよ。

 

清水選手には、前回の世界大会で準優勝した後に本部出稽古でご指導いただいましたが、その頃と比べるとガタイがクソでかくなっててビビりました。

当時寮生だった清水選手に「休日は何して遊ぶんですか?」って聞いたら、「特に何もせず寮(総本部)の周辺に居る」的な答えが返ってきました。

その寮で出会った東塾長の娘さんとご結婚・・・何もせず!?・・・なのか。

 

 

総本部出稽古のあと、超話題のトレーニングスポット「SIXPAD STATION」を訪問。

www.sixpad-station.com

 

大道塾本部のある池袋とは対極にあるような、いちいち小洒落た街、代官山にあります。

 

f:id:a-ichikawa:20180613104424j:plain

この事業をゼロから立ち上げたのが僕の勉強仲間(僕よりもずっと若い!)。彼いわく100件以上の物件を集中して見まくって、一目惚れした物件なのだとか。

社長含めて、マーケティング云々という理屈抜きに直感的に「ここ!」って思ったらしい。確かに素晴らしい物件でした。(大道塾総本部とは違うオーラがありました・・・)

 

f:id:a-ichikawa:20180613104425j:plain

見よ!この大道塾総本部とはすべてが異なる空間!昭和と近未来って差でしたよ。

午前中、白い空手着に身を包んでいた僕が、黒いガウンを身にまとってロッカールームから出てくるのです。

70歳になるという元気いっぱいの先輩にご指導いただいた午前中の総本部でしたが、午後からは可愛い受付の女性とキラキラまぶしい爽やかイケメンの居るSIXPAD STATION。全てが対極。

もうオシャレすぎて恥ずかしいレベル。

 

f:id:a-ichikawa:20180613104443j:plain

プロジェクションマッピングを使ったヨガ(瞑想)の小部屋。茶室のような小さな空間で没入感がすごいらしい。会員になると使えるみたいです。

 

f:id:a-ichikawa:20180613104954j:plain

特殊な装置を身にまとい、そこに電気を流して筋肉を収縮させて負荷をかける仕組み。

加圧トレーニングのように乳酸が溜まってダルくなって動けなくなるというものではなく、実際に負荷がかかっている(重い物を持っている)と錯覚するような不思議なトレーニングでした。

ただ、マニラで感電したことのある僕は電気にトラウマがあり、弱めでお願いした・・・

 

a-ichikawa.hatenablog.com

 

 

 

さらに、滞在中は大道塾(空道)の審査会にも参加してきました。

緑帯(4級)に挑戦でございます。

f:id:a-ichikawa:20180613103443j:plain

審査会場は豊田大谷高等学校で、日本で唯一の空道部があるという高校です。

「最近の若いやつはなっとらん!」とか言い出すおっさんでも、ぐうの音も出ないような素晴らしい礼儀を身に着けた(叩き込まれた)生徒さんたちが来場者を親切に迎えてくれます。感謝です。

 

審査では試合もあるのですが・・・

 

僕より1回りはデカイ人に

ボコられました(T_T)

 

悔しかったので、自分より小柄な相手にやられたら嫌な「密着ボディ攻撃」をやったら、効いたみたいで、後半ちょっと巻き返すことができました。

が、課題はめちゃくちゃ多いです。

 

 

ちなみに、僕は道着を洗濯中、

すね当てを紛失してしまい、

審査が受けられない状況になりました。

 

当日の早朝に先輩からお借りでき、

タクシーで会場まで向かったのですが・・・

 

1万7千円でした・・・

 

審査料と合わせて

2万5千円ほど・・・

痛い・・・これで落ちてたらどうしよう・・・

 

その翌日、あれだけ探しても出てこなかったすね当てが、

洗濯機の上に乾燥したてのホカホカの状態で置いてあったのを見て・・・

 

誰に向けて良いのかわからない怒りがこみ上げましたね。

 

これが青春ってやつでしょうか。

 

 

 

僕の場合、この「体験」がちょっと偏っていて、特殊かもしれません。

30日(水)大道塾(空道)

31日(木)先輩方と自主練

2日(土) 大道塾(空道)※レジェンド小川支部長のご指導!

3日(日) 審査会

4日(月) 大道塾(空道)

5日(火) 総本部出稽古 & SIXPAD STATION

7日(木) 先輩方と自主練

という滞在中の半分は大道塾やってたといういびつさですよ(汗)

 

こんな風に連日稽古していたので、

毎日のように洗濯しないといけなくなります。

乾燥機だって90分以上必要だし・・・

もう、アライグマですわ。

 

今回の日本での思い出は・・・

 

洗濯ですね。