読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人よ、これがフィリピンだ。<ブログ版>

フィリピンでの仕事とか生活とか、フィリピン人スタッフとの戦いとか。

日本人よ、これがフィリピンだ。『フィリピン人が静かなとき』

フィリピンスタッフが静かなとき、

 

それは・・・

 

 

このままでは定時に

帰れないかもしれない…(汗)

と思いながら仕事をしているときだ。

 

特に金曜日は田舎に帰るスタッフも多いので絶対に早く終わりたいのだ。

つまり、今日はいい感じの仕事量を触れたのかもしれない。

静かだ・・・

 

※このブログはFacebookの過去の投稿をもとに書いていますので、「今日=金曜日」ってなってます。

 

Facebookにたまに投稿して共感と同情を生んでいるコメントについてブログ版では詳細を解説したいと思います。

 

解説

f:id:a-ichikawa:20160809104349j:plainJohn Christian Fjellestad

こんな感じのトライシクルに乗ります。
なお、田舎にいくと自転車版のトライシクルも登場します。(車が入れないイントラムロスなんかの観光エリアにも出没します)
乗り心地はまぁ、普通です。想像通りッて感じ。
一般的にそんなに長距離乗ることはないので、良くはないけど気にならないってところです。
ただ、結構大人数乗ってるのを見かけたりすると大丈夫なのか?!と不安にはなりますね。
だって今にも壊れそうなんだもの…

 

 

週末にはバスやジープ、乗り合いのバン、トライシクルに揺られ、田舎に帰るスタッフ。

 

3時間や4時間かけて帰るのです。

 

車はすし詰め状態になるし、乾季は暑くて大変だし、雨季はビチャビチャ・・・

 

想像しただけでゾッとしますね。

 

でも、彼らは帰るのです!

 

なぜかは分かりませんが、きっと家族が大事なんでしょうね。

 

弊社のアドミンは旦那さんと子供を田舎に残して働きに来ています。

日本も同じですが、田舎にはなかなか仕事もないので都会に出稼ぎに来るわけです。

金曜日には帰省するために、いつもより大荷物で出社します。

 

 

一方、僕はと言うと、毎週月曜日、

 

ちゃんと遅刻せずに

出社できるか気になってるよ…

 

この気持ちが湧き上がってくると、「あぁ、月曜日だな」って思うよね。